独立記念館

独立記念館

アメリカの世界遺産である独立記念館は、もともとは1749年にペンシルバニア州フィラデルフィアの州の議事堂として建築されました。
この場所で1776年7月4日にイギリスに対する独立宣言が、当時の13の植民地の代表が集まってトーマス・ジェファーソンらが起草した独立宣言書にサインすることで行われました。
その後、この州議事堂が独立記念館と呼ばれるにようになります。

また、同じ場所で1787年には、合衆国憲法の制定も行われ、アメリカ国民には特別な意味を持つ重要な場所となっています。
独立記念館のあるエリアは、インディペンデンス国立歴史公園の中にあり、ここには、独立宣言の時に鳴らされたリバティ・ベルと呼ばれる鐘があります。
このベルはアメリカ国民の自由のシンボルとして大事にされています。

この独立宣言は、独立戦争で勝った後に行われたものではなく、まだイギリスとの戦争中に13の植民地の代表が独立記念館(州の議事堂)に終結し、イギリスとの戦争に勝利するために一致協力する必要があり議論を重ね独立宣言書にサインをしたのです。
これは「自由と平等の国家」を創るという人類の歴史上、初めての宣言として大きな意義を有しています。
人間の自由と平等を高らかに謳い、圧政は不当なものであり、圧政に対して反抗は不当ではないことを主張するもので、民主主義の基本原理となり、その後の世界の民主国家を作りたいという運動や、民主主義・人権思想に対して多大な影響を与えるという大きな効果を果たしました。

そして、独立記念館はそのことの歴史的な重要な証となるという理由から世界遺産に1979年に世界遺産に登録されました。
今でも多くの国民が独立記念館を訪れており、その意義が国家・国民の普遍の真理として受け継がれていっています。
このことからフィラデルフィアは合衆国誕生の地と呼ばれています。

現在の合衆国の首都はワシントンですが、実は1790年~1800年のわずか10年間ですが、フィラデルフィアがアメリカ合衆国の首都となっていました。
このとき、国の議事堂としても使用され、議員数が少なかった当時の「元老院」が2階を議場として使用し、議員数の多かった代議院が1階を議場として使用したことから「上院」と「下院」という呼び名の語源となり今もその言葉が使われているという歴史を見て取ることができます。

フィラデルフィアには、世界遺産の独立記念館以外にも、アメリカ独立に関連する建物があり、博物館などに記念の物がたくさん有ります。
幸いにフィラデルフィアにある博物館等の施設は殆ど無料ですのでしっかり見て回るとお得です。
全米5位の大都市なので、交通のアクセスも便利です。東海岸の旅行の際には立ち寄ってみたい都市の一つです。