カホキア墳丘群州立史跡

カホキア墳丘群州立史跡

アメリカイリノイ州にあるカホキア墳丘群州立史跡は、アメリカが新大陸として白人に発見される前の時代のアメリカ先住民の築いたミシシッピ文化を良く表している貴重な遺跡として1982年に世界遺産に登録されました。

西暦700年から1600年以前の頃の期間に繁栄したミシシッピ文化は、アメリカ中西部イリノイ州などを流れるミシシッピ川流域で発展しました。
ミシシッピ文化の大きな特徴は、マウンドと呼ばれる頂点のない台形型の人工の丘を作り、その上に神殿やお墓を作っていることにあります。

カホキア墳丘群州立史跡の最大のものは、モンクスマウンド(Monk's Mound)と呼ばれているマウンドで、その大きさは、長さが300メートル強、幅が240メートル強、高さは、大きくは2段階になって高くなっており30メートル強という巨大さです。
その大きさは底辺の面積でピラミッドをも凌いでいます。
そして、これらが一つではなく、中央の広場の周りに大小合わせて20個ほど作られています。
更に、このモンクスマウンドの周辺にも同じようマウンドがあって、全体では120個ほどにもなります。

この遺跡からはヨーロッパ文化の遺物が発見されていないので、ヨーロッパ文化接触以前のアメリカ先住民のみ文化と考えられています。
この文化は、12世紀の頃が最盛期と推測されています。
しかし、1450年頃から衰退に向かって1500年代に消滅してしまいます。
理由は、人口過多と伝染病と考えられていますが、このころにヨーロッパ人がアメリカに探検で訪れ接触したことによって、新しい病気がもたらされた可能性も原因の一つと考えられています。

尚、ミシシッピ文化は、世界遺産に指定されたカホキア墳丘群州立史跡以外にも、主なものだけでも、インディアナ州のエンジェルマウンド、オクラホマ州のスパイロマウンド、ケンタッキー州のウィクリフマウンド、ノースカロライナ州のタウンクリーク・インディアンマウンドなどのほか多数あります。
そして、それらが首長制国家を形成しており、カホキア墳丘群州立史跡のあるカホキアは、それらの中で最大であったとされています。

カホキアは、イリノイ州ですが、飛行機でのアクセスが便利な国際空港のあるミズーリ州のセントルイスから15キロほど、バスでわずか20分で行ける距離に位置しています。
カホキア墳丘群州立史跡の見学は無料ですが、大人4ドル、子供2ドル、家族だと10ドルの寄付金を要請されるので実質有料です。